:::ちゃい語録:::

chaigoroku.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

--- 中国語はあくまでひとつのスキル

わたくしFeiFeiは、いま就職活動をしています。いろいろ自己分析をしたり業界・企業研究をしたりしています。そんななか、ひとつ気づいたことがありました。いまさらではありますが、中国語ができるということイコール格別に魅力的ということではないということです。
僕は就職活動をする前、中国語ができればかなり有利な立場で望めるのではないかと錯覚していました。でも現実はそう甘くなかったのです。巷では中国語の重要性はひっきりなしに叫ばれ、中国語ができる人材は企業にひっぱりだこというような話を聞く機会も少なくありません。でも、実際には、中国語がしゃべれるというのは、企業がその人間を見る上でのほんの一部の側面でしかないということを痛切に感じました。むしろ、語学で言えばまだまだ英語ができる人材が重宝されているようです。中国に進出しているメーカーなどの日系企業も、交渉などにおいては現地で中国人通訳を雇ったり、英語でやり取りをしたりしている場合も多く、決して自社の人間が中国語を使ってビジネスをしているとは限らないみたいです。これまで企業の説明会で、幾度か中国語を使う機会について質問をぶつけてみたのですが、あくまでそれは必要条件であり、十分条件ではないということを強調されていました。言われてみればその通りです。企業にとって仕事のできる人間というのは、単に語学ができるということには限定されません。人間として立派であること、積極的かつ行動力があり、リーダーシップがあってコミュニケーション能力に長ける人間を必要としています。または、具体的スキルとしては語学以外にも法律や経済に精通しているとか、コンピュータの知識があるとか、とにかく並べてみるときりがないくらい多くの側面があり、それを総合して、企業は人材を採用しているはずです。

-------------------------------------------------------------------

中国ランキングに参加しています。クリックしてください~♪

[PR]
by irenology | 2005-12-25 23:48 | ひとこと

--- 中国語検定試験2級合格♪

中検の結果が今日送られてきました。結果はなんとか合格。あらかじめ自己採点はしていたものの、封を開けるときはちょっとドキドキ(?) 
ヒアリングの得点は合格基準プラス30点、リーディングの得点はプラス9点。ヒアリングとリーディングとでだいぶ差は開いてしまいましたが、一喜一憂することなく、つぎの目標である準1級めざしてさらにさらに中国語を勉強していく所存でございますっ!!!頑張れ俺!!!
来年前半は就職活動に集中せねばならず、中国語を勉強している時間はあまりとれそうにないですが、次の目標であるHSK10級、TECC950点、中検準1級をめざして必死で努力してまいります!!

よく自分にいいきかせている言葉です。
「語学は一生もの!焦らず着実に!」

-------------------------------------------------------------------

中国ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_"_)m

[PR]
by irenology | 2005-12-17 22:41 | ひとこと

--- 最近読んだ本♪

修士論文のテーマがほぼ中国関係のものに決まり、最近資料として何冊か本を読みました。
新書が多いですが、すでに読んだ本を含めて、以下最近購入した本を並べてみます。

1、「反日と反中」 横山宏章著 集英社新書
2、「中華思想と現代中国」 横山宏章著 集英社新書
3、「『中国人』という生き方」 田島英一著 集英社新書
4、「靖国問題」 高橋哲哉著 ちくま新書
5、「中国2020年への道」 朱建栄著 NHKブックス
6、「21世紀の中国像」 岡田臣弘著 有斐閣選書
7、「現代中国政治を読む」 毛里和子著 世界史リブレット

などなどです・・・(*^_^*)
1、2の本は冷静な中国分析という印象があります。ちょっと偏ってるかな感はありつつ、
それなりに中国と日本のそれぞれの欠点を正しく公平に指摘しています。
3は今読んでいるところですが、政治的なトピックスにもふれつつ、どちらかというと
身近な生活上の話題が中心と思われます。
4は極めて理論色の強い一書です。東大教授の高橋哲哉氏が、哲学的側面から、
靖国問題を精神的問題と捉え、今の日本の戦後責任を、中国や韓国からの要求
に対する応答責任を主たるキーワードにしながら、論理的体系的に論じています。
残りはまだ読んでいませんので、就活と並行して時間を見つけつつ読んでいこう
と思います。以上!!!

-------------------------------------------------------------------

中国ランキングに参加しています。後生ですからクリックしてください (笑)

[PR]
by irenology | 2005-12-13 23:03 | ひとこと

---中国楽曲をカラオケで・・・


今日は、大学時代のゼミ仲間2人と久々にカラオケに行って参った。
歌ったのはほとんどバラード系。叫ぶ系の楽曲は苦手だぁ。。。
その中で1曲だけ中国楽曲が入っていた。
それは、なつかしのテレサ・テンの「但願人長久」。でも王菲バージョンを歌った。
この曲はとても歴史的意義の深い曲だ。あの文化大革命の時代、中国の庶民は限られた革命系の軍歌みたいなのばかりを歌わされた。それ以外の歌など言語道断。
そんななか、当時日本で活躍していたテレサ・テン(邓丽君・鄧麗君)の歌が、口コミによってしだいに中国国内にも・・・。そして、庶民はなんとか紅衛兵の監視の目から逃れながら彼女の曲を口ずさみ、テープからテープへダビングしては、音が聞こえなくほど擦り切れるまで聴いたという。当時の人心の荒廃した文革期に、彼女の歌がどれだけ庶民の心を癒し、勇気付けたことだろう。とくに「但願人長久」は、今の中国人も大好きな歌だ。
僕は中国の最近のPOPは大好きだけど、中国の民謡やテレサ・テンに代表される古い時代の歌も捨てたもんじゃない。ちなみに中国の民謡で一番すきなのが「康定情歌」だ。


--------------------------------------------------------------------------

中国ランキングに参加しています。後生ですからクリックしてください (笑)

[PR]
by irenology | 2005-12-05 00:57 | ひとこと

☆上海が第二の故郷、FeiFeiのblogです☆ 


by irenology
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite